ござい~ん! 牡鹿へおいでよ!

ホーム新着情報<【ツールド東北2017】

【ツールド東北2017】

今年で5回目となるツールド東北。牡鹿半島を走る「牡鹿半島チャレンジグループライド」は、今年で2回目の開催となります。

  9月16日、専修大学からスタートしたおよそ250名のライダーは、コバルトラインや県道2号線を中心におよそ100km走りました。各所に休憩所が設けられ、鮎川港・おしか番屋では、昼食としてクジラの炭火焼き弁当が振舞われました。

  昨年も参加したという人は「昨年よりも道路の周りがキレイになり、復興が進んで来ていることを感じる」と話してくれました。関東をはじめ、遠くからの参加者が多く、「クジラ肉を初めて食べた」、「景色がよく、とても楽しい」という声や、「クジラがここに揚がるのですか」と聞いてくる人もいました。

  浜では、ライダー達が東日本大震災時の語り部の話に耳を傾けました。