ござい~ん! 牡鹿へおいでよ!

ホームイベント<【石巻市水産業担い手センター開所式(荻浜)】

【石巻市水産業担い手センター開所式(荻浜)】

 「石巻市水産業担い手センター」とシェアハウス(共同生活施設)「TORITON OSHIKA」を兼ねた施設が荻浜にでき、4月27日に開所式が行われました。
この施設は、未来の牡鹿半島を担う漁師を育てていくためのもので漁業に関心のある移住者を短中期的に受け入れ、研修や住居提供などによって就業を支援していきます。
 牡鹿半島にて深刻化する漁業従事者減少や後継者不足、また、就業希望者の新たな住居確保など。様々な課題を解決しようとする石巻市の事業を、宮城県漁業協同組合石巻地区支所と一般社団法人フィッシャーマンジャパンが連携して取り組んでいきます。
 木造2階建て家屋を改修したシェアハウスは、最大8名まで受け入れ可能で、石巻地区支所管内の浜へ通うことができます。滞在者が地域に溶け込んで漁業者となってもらえるよう、地域交流の場としても活用されます。