ござい~ん! 牡鹿へおいでよ!

ホームイベント<【十八成浜 白山神社お祭り】

【十八成浜 白山神社お祭り】

 5月3日、十八成浜(くぐなりはま)の白山神社(はくさんじんじゃ)でお祭りがありました。
 神社でのご祈祷の後,獅子舞と餅まきが行われ、お神輿がスタートします。
 神輿は近隣の浜からの応援も加わり、15人程で担ぎました。時に回転し、時には上下に激しく揺らしながら集落内を練り歩き、いくつかの神社でも祝詞をあげ餅まきをします。
 今年は高台移転先の住居ができてから初めてのお祭りとなり、それぞれの新居にて神輿を揺らし,家内安全を祈願しました。新しい浜の公民館「くぐなり会館」では参加者への昼食や直会(なおらい)の準備で、地域の婦人たちは忙しく準備に追われていました。
 広い集落を練り歩いた後,住民たちに見守られながら,神輿は海の中へ! 海岸に沿って歩き、神輿を揺らして飛沫を上げたり、海の安全や大漁を祈願しました。
 牡鹿町誌を紐解くと、以前は4月11日が祭日とされてきましたが、子供たちが集まれるようにと40年前頃から5月3日(憲法記念日)になったとのことです。この日も、若い世代や小さい子供たちが多く集まり、お祭りを盛り上げていました。