ござい~ん! 牡鹿へおいでよ!

ホームイベント<【金華山黄金山神社の初巳大祭神輿渡御(はつみたいさいみこしとぎょう】

【金華山黄金山神社の初巳大祭神輿渡御
(はつみたいさいみこしとぎょう】

 5月15日(日)、金華山黄金山神社の初巳大祭神輿渡御(はつみたいさいみこしとぎょう)が行われました。
神輿渡御は5月11日から17日の発巳大祭期間中に行われ、金華山が多くの人で賑わいます。
 10時(巳の刻)に祭りが始まり、「じょーーーさいっ!!」という掛け声で勢いよく進む神輿と華やかな衣装の七福神、可愛らしい稚児の行列は神社から海岸へと降り、海辺の「神輿渡御所」にて神事が斎行されました。
祭りは地元の鮎川浜(あゆかわはま)や十八成浜(くぐなりはま)、小渕浜(こぶちはま)、泊浜(とまりはま)、寄磯浜(よりいそはま)から人が集まり、それぞれの役割を担い、とり行われます。
 古くから神様を祀り、安泰を祈願し、感謝の気持ちを示すことを日常的に行ってきた牡鹿半島住民の慣習を垣間見られる、そんな一日でした。