ござい~ん! 牡鹿へおいでよ!

ホームイベント<情報交流館にて「宇宙教室」開催

情報交流館にて「宇宙教室」開催

  宇宙の始まりや成り立ちを学習できる「宇宙教室」が6月5日、鮎川浜にある石巻市復興まちづくり情報交流館 牡鹿館で開催されました。
  講師は、ドイツのマインツ大学で宇宙の成り立ちなどを研究をしている物理の科学者、齋藤武彦先生です。
  震災後の2012年から被災した東北沿岸地域の子供たちに科学の特別授業を行っています。今回が9度目の授業となり、260回以上も福島、宮城、岩手の小中学校等で授業を開きました。
  集まった受講者は、宇宙がビックバンから始まり、何万光年という推し量ることが難しい時の流れの中で、宇宙の広い空間が作られたこと、宇宙には1000億個もの銀河があることや星の一生についての話を聞きました。
   もしかしたら東北が、世界からたくさんの科学者が訪れる科学の中心地になるかもしれないという、夢いっぱいの話がありました。